Menu

施工事例 | テレビのアンテナ工事ならライフテックス

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

施工事例

施工事例ブログ

東京都世田谷区若林にて地デジアンテナ・BS/110°CSアンテナ設置工事

親カテゴリ: 東京都 カテゴリ: 23区
作成日:2016年10月20日(木) 最終更新日:2018年06月19日(火)

工事班ヤナセです。

 

世田谷区でのご新築のお宅にて地デジデザインアンテナとBS/110°CSアンテナ設置です!

ご新築おめでとうございます!!!

 

お隣にはすでに同じパターンでデザインアンテナとBS/110°CSアンテナが設置してありました。

 

お隣(左側)は設置金具を2個使って高さを出して設置しておりますが.....

 

 

 

 

IMG_20160916_174126_20161020162948_20161020163910.jpg

 

 

うーん。

電波はそんなに高さを出さなくても良好。

BSアンテナも高いぶん風の影響を受けやすい。

 

という事でデザインアンテナは壁面に。

BSアンテナは極力屋根に近づけて風の影響を極力抑える。

 

そして 何より見た目がスッキリ!!!

 

せっかくの綺麗なご新築のお宅です。

やっぱりアンテナも綺麗に設置して

お客様に喜んで頂ければアンテナ屋冥利に尽きるわけです。。。

 

弊社ライフテックスでは

確かな電波受信はもちろんですが

外観の美しさにも拘っております。

 

お問い合わせはお気軽に

皆様からのご連絡をお待ちいたしております!!!

 

 

 

toppagelink

テレビアンテナ工事・垂直偏波と水平偏波

親カテゴリ: 施工事例ブログ カテゴリ: 工事事例
作成日:2016年10月20日(木) 最終更新日:2018年06月19日(火)

 

 

水平偏波です

IMG_20161001_105820_20161020145546.jpg

 

そして下が

垂直偏波です

IMG_20160926_111724_20161020145250.jpg

 

水平偏波・垂直偏波とは

電波塔から大地に対して水平に電波を送るか、あるいは垂直に送るかの違いです。

したがって上側の写真では

エレメント(細かく左右に出ている棒状のもの・コレで電波をひろいます)が

大地に対して水平に、

下側の写真では垂直に伸びています。

 

二種類の偏波がある理由は混信の防止です。

同一のチャンネルを仕様しても偏波を分けていれば

混信が防げるわけです。

 

概して水平偏波を出している電波塔(スカイツリー等)が多いですが

垂直偏波では神奈川県の平塚中継局やみなとみらい中継局(南西側)が

関東圏では代表的です。

 

デザインアンテナは水平偏波専用の機種が多く

コレで垂直偏波の電波を受けるとなると

本来タテ向きで設置するアンテナですが

これを横向きに設置しなければなりません。

 

なので先に投稿した記事に添付した

垂直偏波専用のデザインアンテナが必用となります。

 

 

 

toppagelink

東京都世田谷区駒沢にて地デジアンテナ工事

親カテゴリ: 東京都 カテゴリ: 23区
作成日:2016年10月20日(木) 最終更新日:2018年06月19日(火)

 

世田谷区の閑静な住宅街に佇む新築のお宅に

デザインアンテナ設置させていただきました。

 

さて、アンテナはどこでしょう?

 

IMG_20161016_133650_20161020131053_-_コピー.jpg

 

正解は・・・

 

IMG_20161016_133650_20161020131053_-_コピー_-_コピー.jpg

 

三階ベランダ左端でした。

 

お客様にもご満足いただけ何よりです!!!

アンテナ工事はライフテックスへ!

サブカテゴリ

img shita 1201802

フリーダイヤル0120-985-449【受付時間9:00~19:30】 ホームページからのお問い合わせお見積りはこちら

img mbshita 2018

フリーダイヤル0120-985-449

ホームページからのお問い合わせはコチラ