Menu

施工事例 | テレビのアンテナ工事ならライフテックス

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

施工事例

施工事例ブログ

名古屋市瑞穂区 アンテナ工事

親カテゴリ: 愛知県 カテゴリ: 名古屋市
作成日:2018年10月28日(日) 最終更新日:2018年10月28日(日)

浜松営業所からです。

名古屋市でのアンテナ工事です。

 

地デジデザイン+BSCS110°アンテナご希望です。

 

電波強度に余裕はありませんでしたが、ばっちりデザイン設置可能でした!

IMG 1721

 

外壁色にあわせ、ライトブラウンの平面アンテナになっています。

 

この度はご依頼ありがとうございました!

名古屋市も工事エリアです。よろしくお願いいたします!

浜松市東区 アンテナ工事

親カテゴリ: 静岡県 カテゴリ: 浜松市
作成日:2018年10月28日(日) 最終更新日:2018年10月28日(日)

浜松市東区にアンテナ工事に伺いました。

 

弊社事務所も東区笠井町です!ご近所ですね!

東区はだいたい電波がいいので行く前から割と安心していけます(笑)

 

地デジと、BSCS110°アンテナ(4K8K対応)工事のご希望です。

 

そういえばつい最近NHKで12月から始まるBS8K放送の予告をしているのをたまたま見ました。

いよいよ始まりますね~!

4k8kBSCS110°アンテナを設置してあればこれらの新たなチャンネルがすべて受信できます。

しかし、視聴には新チャンネル用のチューナーが必要になります。(4K8Kチューナー内蔵テレビや独立型のチューナー)

4Kチューナーはすでに各社出てますね。購入された方もいらっしゃるかも?

4Kチューナーでも8K放送を視聴できるようですが、4K画質になるとのこと。

 

そして、シャープが11月下旬に8Kチューナーの発売を開始するようです!

ちょっと調べてみましたが、なんと映像出力にはHDMIケーブルが4本必要だとか・・・

すごい情報量なんでしょうね。7680×4320ピクセルですからね・・・受け側のディスプレイもそれなりのものが必要そうです

今後他メーカーも順次参入するでしょう

 

 

さて設置工事です

南側ベランダで問題なく設置できました。

IMG 2940

 

 

お風呂点検口内部にパワーサプライ設置

 

IMG 2941

 

全居室でレベルチェックをして無事完了です!

スーパーハイビジョン放送もお楽しみください!

ご依頼ありがとうございました!

 

デザインアンテナ取り付け(埼玉県川口市)

カテゴリ: 施工事例ブログ
作成日:2018年09月18日(火) 最終更新日:2018年09月18日(火)

関西・関東・東海でテレビアンテナとNURO光を手がけているライフテックスです。
台風や地震や大雪などの自然災害が最近増えています。屋根上設置のテレビアンテナは、しっかりと固定はされているものの、自然災害時には落下や倒壊の不安が残ります。
テレビアンテナについて自然災害時の不安を感じておられる方には、デザインアンテナをオススメしています。大きな自然災害がきてもデザインアンテナはびくともしませんでした。戸建て住宅のデザインと不釣り合いな屋根上のテレビアンテナを取り払うこともできるので、お宅の印象も改善されます。特に、新築住宅のお客様は、昭和の香りが漂う屋根上設置よりもデザイアンテナを好まれる傾向にあります。
今回も、新築住宅のお客様からデザインアンテナ設置のご依頼をいただきました。現場写真を通じて、ライフテックスの丁寧な施工をお伝えします。

 

1.jpg

 

今回の現場は、埼玉県川口市の分譲地です。新築住宅が清々しい街並みをつくっています。既に住んでおられる方もいらっしゃいますが、屋根上設置ではなくデザインアンテナを採用しておられるようです。

 

2.jpg

 

デザインアンテナの設置場所にてケーブル類の作業をします。今回はケーブル位置と設置場所が近接しているので、比較的に簡単な工事となりました。一般的に、この距離が長くなるほど工事は難しくなるのですが、豊富な実績をもっているライフテックスならばどのようなケースでも設置工事が可能です。

 

syasin3.jpg

 

デザインアンテナの色は、黒・茶・白・ベージュの4色をご用意しています。今回は白のデザインアンテナを選択しました。壁面のカラーに合わせた色選択ができるので、より一層目立たない形でのテレビアンテナ設置をすることができます。

 

syasin4.jpg

 

金具をビスで固定していきます。壁面に穴を空ける作業なので失敗はできません。
ビスで固定する際に、ライフテックスではちょっとしたこだわりがあります。ビスを壁面に直接さしていくのではなく、コーキング剤を先に塗布してからビスをさしていきます。このようにすることで、雨風でビスが錆びにくくなり、デザインアンテナの安全性がより一層向上します。普段は、わざわざ説明することのない工夫ですが、もしもの時に効果を発揮してくれます。

 

syasin5.jpg

 

金具の取り付けは精確さが大事。金具単体で見ると大したことのない傾きでも、デザインアンテナ本体をとりつけると、不格好な傾きとして目立ってしまいます。経験を積まないとなかなか見分けられない感覚です。

 

syasin6.jpg

 

本体の設置完了です。デザインアンテナが壁面のカラーと同一化して、ほとんど目立ちません。

 

syasin7.jpg

 

設置後には電波の受信状況を確認します。ライフテックスでは、受信クオリティについては一切の妥協をしません。もし万が一、設置後の受信について不具合がありましたら、お気軽にお申しつけください。ライフテックスは受信クオリティについて無償でのアフターフォローをしています。

 

syasin8.jpg

 

上写真は、屋内にてブースターの設置作業をしているところです。今回のお客様は、多数の部屋でテレビを視聴されるとのことでしたので、電波を増幅して各部屋に伝えるブースターも重要です。お客様のご家族が全員でテレビを楽しめるように、各部屋の状態をチェックしていきました。

 

syasin9.jpg

 

今回は、猛暑のなかでの工事でした。テレビアンテナ工事は梯子をつかって屋根にあがるので、集中力を切らさないようにしないといけません。一方、一般的にテレビアンテナ工事は晴天時に行われるので暑さのなかでもベストなパフォーマンスを出さなくてはいけません。職人は万全の体調管理をして臨みます。

 

お客様にとって「誰がやっても同じ」と思われがちなテレビアンテナ設置工事ですが、今回の記事でご説明したように工夫しなければならないポイントが実は多数あります。それらを確実にこなしてきているからこそライフテックスの倒壊ゼロの実績があります。テレビアンテナ工事をご検討中でしたらお気軽にお問い合わせください。

その他の記事...

サブカテゴリ

img shita 1201802

フリーダイヤル0120-985-449【受付時間9:00~19:30】 ホームページからのお問い合わせお見積りはこちら

img mbshita 2018

フリーダイヤル0120-985-449

ホームページからのお問い合わせはコチラ