Menu

アッテネーター | テレビのアンテナ工事ならライフテックス

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

アッテネーター | 用語集|テレビのアンテナ工事ならライフテックス

アッテネーターとはブースターとは反対の機能がある機器で、送られてきた電波を適切なレベルまで減衰させる装置です。 日本では「減衰器」とも呼ばれます。通常アンテナから受信された電波がテレビに送られて映像が映し出されますが、弱すぎて正常に映らない場合にはブースターで増幅し、強すぎて映らない場合にはアッテネーターで減衰をして正常に映るように設置します。機器の内部には、電波を流れにくくする「抵抗」が内蔵されていますが、抵抗値を変えるスイッチによって減衰する値を変更することが可能なものもありますので、適切な値に合わせて使用します。テレビによってはアッテネーターの機能を「オン」「オフ」にして使う場合もありますので、受信状況によって設定を変更する必要があります。

お役立ち情報

通常ではアンテナ受信でテレビを見る場合、電波を増幅させるブースターを使うことが多くなりますが、テレビ局の中継局のすぐ近くで受信する場合や、ケーブルテレビで受信する場合には、電波が強すぎることがあります。受信環境は悪くないのになぜかテレビが映らなかったり、ケーブルテレビなのにテレビに映像が映らなかったりする場合は、原因が見つかりにくいこともありますが、そのような時にはアッテネーターを設置して適切な値にすれば、正常に受信が可能になる場合もあります。