Menu

共同アンテナ | テレビのアンテナ工事ならライフテックス

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

用語集

共同アンテナ | 用語集|テレビのアンテナ工事ならライフテックス

共同アンテナは、地形的に電波が届きにくいなど何らかの理由によって放送波の個別受信が難しい場合に、複数の世帯へと再配信することを目的としている一括受信のためのアンテナ設備のことを指す言葉です。

共同アンテナの代表例としてわかりやすいのはマンションなどの集合住宅やビルの共聴施設です。ほかにも都市受信障害共聴施設、難視聴解消共聴施設といった設備があります。都市受信障害共聴施設は、都市部において高い建物などによって電波が遮られ、受信障害が発生している世帯に対し、一括受信を行い再配信している設備です。難視聴解消共聴施設は、山や丘陵などで電波受信が出来ない地域における対策として共同のアンテナを設置、増幅器や分岐器などを利用して各世帯へと配信する施設のことを指します。

お役立ち情報

ケーブルテレビ局の受信アンテナも共同アンテナと呼ばれることがありますが、一般的にはマスターアンテナと呼び区別しています。かつては地上デジタル放送の受信が困難な地域については、地デジ難視対策衛星放送が実施されていました。受信困難地域への暫定的な対策として、BS291chからBS298chで地上波放送を放映し、申請に基いて該当するB-CASカードのスクランブル解除を実施していましたが、恒久対策が完了したため、2015年3月をもって終了しました。