Menu

円偏波アンテナ| 用語集|テレビのアンテナ工事ならライフテックス

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

用語集

円偏波アンテナ| 用語集|テレビのアンテナ工事ならライフテックス

地上の通信の際には垂直偏波と水平偏波が利用されています。衛星放送などに利用される円偏波には垂直・水平の両方の要素が合成された円偏波が利用されており、左旋回偏波と右旋回偏波という種類があります。

円偏波アンテナの代表的なものとして、衛星放送、CS放送に使われるパラボラアンテナが挙げられます。そのほかには、GPSなど衛星通信にも用いられています。左旋回偏波は受信点から見て電界が左に回転する偏波をいい、その逆回転方向のものを右旋回円偏波といいます。円偏波の受信には送信電波のそれぞれの回転方向を合わせて受信しなくてはいけません。また、直線偏波のアンテナで円偏波の電波を受信すると、受信利得が大幅に下がります。マルチパスなど、反射して遅延した電波の影響を受けにくいため交通システムのETC等でも使用されており、私たちにとって身近な技術と言えるでしょう。

お役立ち情報

地上での通信は主に直線偏波(水平偏波もしくは垂直偏波)を用いており、テレビ局の殆どは水平偏波です。衛星放送では直線偏波を用いると衛星の向きや方向や姿勢、角度によって偏波面が変わってしまい、受信点で偏波面が違ってしまうことになります。よって、衛星放送では円偏波アンテナが用いられます。円偏波は水平方向の偏波と垂直方向の偏波の位相を90度ずらし合成させたもので、水平偏波も垂直偏波も、また斜め方向の偏波であっても、理論上全て受信できることが可能になります。これの特性から電波干渉が起きにくく、フェージングなど建物や電離層の反射など時間差をもって起きる、干渉が起きにくいといった利便性があります。