Menu

どうやったら見られるの4Kテレビ

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

どうやったら見られるの4Kテレビ

関西・関東・東海エリアでテレビアンテナ工事とNURO光を手がけているライフテックスです。
DVDやオンデマンドコンテンツでは既におなじみとなっている4Kですが、ついにテレビ放送も2018年12月より開始します。今回は、そもそも4K放送とはどのようなものなのか、そして4K放送を見るためにはどうしたらいいのかを解説します。

4K放送って?

「4K」とは言葉で耳にするものの「綺麗な映像」というくらいの認識の方が多いのではないでしょうか?
従来のテレビ放送は2Kと呼ばれる画質でした。画素数に直せばおよそ200万画素。1000万画素のスマホカメラが当たり前の昨今では、従来のテレビ放送の粗さが気になる方もいらっしゃったのではないでしょうか?特に、最近では画面の大画面化が進んでいます。美麗な放送コンテンツを美しい画質でそのままに楽しみたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そうした方にこそオススメしたいのが4K放送です。4Kでは、2Kの倍の800万画素で放送コンテンツを楽しむことができます。
4K放送は2018年12月に放送が開始されます。NHKを除いて、各局はBSコンテンツにはイマイチ本腰ではありませんでしたが、4K放送をきっかけにして注力し始めることが予測されます。
しかし、4K放送を視聴するには、ご自宅の設備が対応していといけません。以降で、4K放送の視聴に必要な設備を解説します。

準備物がたくさんな4K放送の視聴は手間がかかる?

4K放送を視聴するために必要な設備は下記のとおりです。

一部屋だけで視聴したい場合
 スーパーハイビジョンテレビ又は4K対応テレビ&4K対応チューナー
 BS・110度CSアンテナ【2K・4K対応】
 同軸ケーブル【2K・4K対応】
 フラットケーブル【2K・4K対応】

 

複数の部屋で視聴したい場合
 スーパーハイビジョンテレビ又は4K対応テレビ&4K対応チューナー
 BS・110度CSアンテナ【2K・4K対応】
 ブースター【2K・4K対応】
 アンテナケーブル【2K・4K対応】
 壁面テレビ端子【2K・4K対応】
 分配器【2K・4K対応】
 分波器【2K・4K対応】
 同軸ケーブル【2K・4K対応】

 

複数の部屋で4Kをご覧になりたい場合には、様々な設備と物品が必要になります。一方、一部屋だけでの導入なら、「手間がかかる」と思われがちな4K放送の受信環境をスムーズにつくることができます。画質が重要な映画などのコンテンツを見るテレビが一台のみのご家庭は、手間と費用をかけずに、一部屋から4K放送を導入するというのも有意義な選択肢になり得ます。

「4Kを見たい!」と思ったらライフテックスにお任せください

必要なものがたくさんある4K放送に、若干の敷居の高さを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご安心ください。ライフテックスにご相談いただければ、必要な設備や物品などについて、わかりやすく解説いたします。
ご家庭によっては、2K放送を見ていたときの設備を活かして、4K放送の視聴環境をリーズナブルにすることもできます。

例えば、下記のような場合です。

既存のBSアンテナをもっている場合
この場合には、4K対応のテレビアンテナがなくても一部の4K放送は視聴することができます。見られる局は、BS朝日・BSジャパン・BS日テレ・NHK-SHV・BS-TBS・BSフジです。4K対応チューナーと4K対応テレビは新たに用意する必要があります。

4K対応テレビを持っている場合
テレビは視聴にそのまま使用できますが、4K対応チューナーや4K対応テレビアンテナを導入する必要があります。

4K対応テレビと既存のBSアンテナを持っている場合
この場合には、4K対応のテレビアンテナがなくても一部の4K放送は視聴することができます。見られる局は、BS朝日・BSジャパン・BS日テレ・NHK-SHV・BS-TBS・BSフジです。4K対応チューナーは新たに用意する必要があります。

4K放送の視聴環境を整えることにおいて、お客様にとって最適なご提案をさせていただいていますので、ライフテックスにお気軽にお問い合わせください。

 

toppagelink.png