Menu

倒壊の危険!?アンテナのワイヤーで気をつけること。

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

倒壊の危険!?アンテナのワイヤーで気をつけること。

先ずは弊社がアンテナ工事で使用するステンレスワイヤーの強度を示すべくyoutube企画を行なったので是非見てください!(お願いします。)

【筋肉企画】テレビアンテナを固定するワイヤーで車を引っ張ってみました!

アンテナの強度には、設置に使われるパーツそれぞれの強度が関わってきます。

アンテナを設置する屋根馬や土台などが代表的なものです。

 

その中でも、本日はアンテナの固定に使われるワイヤーについてお話します。

 

ワイヤーは、八木式アンテナを設置する際にアンテナ土台と屋根をつなぐもので、アンテナの安定性を確保するためには非常に重要になります。

しかし、ワイヤーの中には紫外線に弱く、耐久性の低いものもあります。

 

カラーワイヤーとステンレスワイヤーの違い

kara.png

 

アンテナの固定に使うワイヤーには二種類あります。

 

カラーワイヤーステンレスワイヤーです。

 

カラーワイヤーは昔から使われているワイヤーで、針金をビニールでコーティングした簡素なものです。

芯がただの針金であるため耐久性が低く、またコーティングしているビニールは紫外線に弱いため長い間日光にさらされていると劣化し、中の針金が剝き出しになり錆びてしまいます。

このようにカラーワイヤーは耐久性が低く、長い間の使用によりアンテナ倒壊にもつながりかねません。

sutean.png

 

一方、弊社が採用するステンレスワイヤーは強度が抜群です。

台風の過ぎた後、アンテナが倒壊してしまったというご連絡をいただくのですが、これは他社が全て他社が設置したアンテナで、弊社が設置したアンテナが台風で倒れたとご報告いただいたことは一度もございません。

 

これは、一本でも十分丈夫なステンレスワイヤーを弊社では4本使って設置していることもあります。

弊社のアンテナ施工はこの耐久性が強みです。

 

ステンレスワイヤーの強み

 

ステンレスワイヤーの強みは、「高強度」「高耐久」「高対候」です。

 

まずステンレスワイヤーは非常に高い強度を誇ります。

動画でも紹介していますが、車を引っ張っても切れません。

そして高い耐久性があるため、長い期間の使用にも耐えることができます。

 

そして、もう一つ非常に重要なのが「対候性」です。

これは、カラーワイヤーは紫外線にさらされるとビニールが劣化し、むき出しになった針金は雨に当たると錆びてしまうのに対して、ステンレスのワイヤーは紫外線の影響を受けず、基本的に錆びないことを指します。

このように、ステンレスワイヤーは天候などの外的要因に影響を受けない非常に高い「対候性」を誇ります。

 

まとめ

弊社では強度が高く劣化しにくいワイヤレスワイヤーを使用し、さらに設置の際にも強力な固定方法を採用しております。

これにより、台風などによる倒壊のご報告はこれまでゼロです。

弊社のアンテナ設置は耐久性がウリです。

アンテナ設置はぜひライフテックスにお任せください。