Menu

大雪でテレビアンテナに影響が出たら?

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

大雪でテレビアンテナに影響が出たら?

テレビアンテナは台風や雪など天気に晒されて倒壊するリスクがあります。

2018年の8月の大型台風が来た時も何百件もの問い合わせをいただきました。 (弊社で設置するテレビアンテナはかなり太いワイヤーで、倒壊しないようにしっかりと施工するため今まで倒壊したことはありません。)

台風だけではなく、降雪でもアンテナ工事の施工が悪いと倒れてしまうことがあります。 雪対策をしていないと、アンテナから出ている配線が切れてしまうんです。 それにより、アンテナが倒れたり、折れ曲がったりしてしまいます。

4年ほど前に関東で記録的大雪が降った際も、埼玉エリアでテレビアンテナが多数倒壊し、弊社にご相談を沢山いただいたことがあります。

基本的に、雪や台風を想定してしっかりと設置していれば倒れることはありません。 (豪雪地帯では毎年倒れることになってしまいますからね。) 関東圏などあまり大雪が降らないエリアの方が、大雪を想定していない施工をしてしまい がちなんです。

こうやってテレビアンテナが雪によって故障します。

この写真をみてください。 これは1mほど雪が積もって溶けた後ですがアンテナがぐにゃっと曲がってしまっています。 なぜこうなったかというと、支線を屋根の真ん中に引いてしまっているからです。 雪が地面に落ちるときに、支線を引っ張ってしまいアンテナが持っていかれて曲がってしまったのです。 雪を想定すると、支線は屋根の4つ角に設置するのが基本です。 角に設置すれば、雪が落ちる時も支線を引っ張ることはありません。

anntena0202.jpg

次にこれは、 雪で引っ張られて同軸ケーブルが切れてしまったケースです。 完全に断ち切られています。 もちろんこうなるとテレビは映らなくなります。

anntenayaya.jpg

最後にこちらはコンバータ(アンテナの真ん中にあるマイクみたいなもの)が雪で引っ張られて折れてしまっています。 このコンバータも本来は、雪が当たらないように設置したり、アンテナ本体とワイヤーで固定することで折れない処理をするので、これも施工不良による故障だといえます。 このケースでもBSが映らなくなってしまい弊社にご連絡いただきました。

anntenakoukou.jpg

降雪によりテレビが映らなくなったらご連絡ください。

降雪でアンテナが故障したらご連絡ください。 新しいテレビアンテナに交換工事をいたします。 雪が溶けるまでは修理はできませんが、 降雪や台風で倒壊しないようにしっかりと施工し直します。