Menu

エアコン取り付けに必要な時間は?安心できる業者の選び方を解説

クレジットカード・ペイペイ払いOK

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

エアコン取り付けに必要な時間は?安心できる業者の選び方を解説

エアコン取付け費用 大事なポイント解説します!

「エアコン取り付けに必要な時間は?」
「立ち会いはずっと必要?」
「明日工事予定日だけど具体的に何時に来てくれるのかな?」

エアコン取り付け工事にはこういった曖昧な部分が多いですね。

こちらの記事ではエアコン取り付け工事の標準的な所要時間と、限られた時間を有効に使うためのヒントをお伝えします。

また、信頼できる業者を選ぶポイントもご紹介いたしますので参考にしてみてください。

エアコン0円キャンペーンバナー

エアコン取り付けの所要時間は追加工事によって変わります

aircon toritsuke2

「こんどの日曜日の午前中にエアコン取り付け工事におうかがいします!」と言われても、お昼までにはおわるのか、夕方まで時間が必要なのか、おおまかな所要時間がわからないとその日の計画がたてられません。

エアコン工事の大まかな所要時間には計算方法があります。ぜひ計算してみてください。

エアコン標準工事にかかる時間は1.5~2時間

標準工事とは最小限エアコンを使用するために必要な室内機・室外機の設置・配管接続などの設置工事のことです。

 工事内容
室内機設置 室内の壁にエアコンを取り付けます
配管 冷媒管・ドレンホース・電線各4mが含まれるパターンが多い
室外機平置き 室内機と同じ階に設置
配管のテープ巻き 室外の配管をテープ巻きします
真空引き 冷媒配管内を真空にします
試運転 正常に動作することを確認します

こういったパターンが多いです。

上記に含まれない工事内容は「追加工事」ということになります。

追加工事が必要な場合は2時間以上

追加工事にはさまざまな種類があります。

現場の状況やお客様のご希望によって工事時間がかわります。

工事例工事内容
配管の穴あけ エアコンの配管を通すための穴を開ける(標準工事の場合も)
電源工事 エアコン用コンセントの増設・電圧切替などの電気工事
配管延長 配管が標準工事で対応できる長さを超える場合
化粧カバー 室外の配管を化粧カバーで
隠ぺい配管 配管を天井裏や壁の中を通して(隠して)つなぐ工事
エアコン取り外し 不要エアコンの撤去
ヒント

準備・片付け:0.5時間
標準工事:1.5時間

追加工事:0.5時間×追加工事の数
=工事全体の時間

概算ですが上記の計算式で大まかなエアコン取り付け工事の所要時間がわかります

たとえば、

標準工事+穴あけ+室外化粧カバーの場合

0.5時間+1.5時間+0.5時間+0.5時間=3.0時間ということになります。

午前9時から工事開始すれば正午には工事が完了することになりますので、家族でお昼ごはんを食べにいけますね。

古いエアコンの取り外し時間は約30分

上記で説明したのはエアコンを新規に取り付ける場合の時間ですが、なかにはエアコンを買い替える方もいますよね。

エアコンの買い替えの場合は、新規でエアコンを取り付ける時間の他に、古いエアコンを取り外す時間が必要です。

所要時間は、エアコン1台に対し30分程度だと思っておくといいでしょう。
ただし、古いエアコンが隠蔽配管という壁の中に配管を通す方法で取り付けられている場合や、特殊な方法で取り付けられていた場合は、取り外しだけでも1時間以上かかることがあります。

また、取り外しが必要なのはエアコン本体だけではありません。
エアコンの買い替えによって室外機の取り外しも必要なので、室外機が置かれた場所や配管パイプが長く取り付けられている場合も時間がさらにかかることがありますよ。

古いエアコンから買い替えする方は、標準工事のみだとしても時間に余裕を持っておいてくださいね。

エアコン取り付け工事当日は時間に余裕を

time

エアコン取り付け工事の予約は午前中もしくは朝一番で

工事当日の細かい時間指定はむずかしいです。「朝の11時から」とか「昼の14時から」など明確な時間を指定することはできない場合が多いです。

エアコン工事業者は一日に何件も工事にまわるので、前の現場の工事状況や交通事情などでどうしても明確な時間をお伝えできないのです。

しかし午前中もしくは朝一番の枠であれば到着時間がある程度しぼられるため、一日を有効に活用できます。

時間を有効に使うには事前の訪問お見積もりがおすすめ

とはいえ業者さんに現場を確認してもらうまで明確な所要時間や取り付け工事費用はわかりません。

そこでおすすめしたいのが「事前の訪問お見積もり」です。

  • 希望している場所にエアコンが設置できない。
  • 希望している場所に設置できるが追加費用が必要になる
  • 購入したエアコンとコンセントが適合していないため追加工事が必要

こういった状況がエアコン取り付け工事当日に発覚すると、見込んでいた時間までに工事が終わらず、追加費用も必要になります。一日の計画が崩れてしまいますし、なによりストレスになりますね。

「事前の訪問お見積もり」をおこなえば事前に

  • 希望工事の可否がわかる
  • 必要な追加工事がわかる
  • 所要時間や工事費用が明確になる

何度も業者を自宅に呼ぶことになりますが、工事当日の流れがスムーズになります。

繁忙期を避けて取り付け工事を依頼する方法も

エアコンを購入する時期が取り付け工事の繁忙期でなければ、工事日の調整がしやすいです。
エアコンの取り付け工事が混みあう時期は、以下のとおり。

6月~8月 エアコンの購入・修理の繁忙期
3月、4月 引越しに伴うエアコン取り付け工事繁忙期

エアコンは、繁忙期を避けた方がお得に購入しやすかったり、取り付け工事のスケジュール調整がしやすかったりとメリットが多いです。

「エアコンを使いたい」と思い始めるのは、気温が高くなる初夏から真夏ですが、焦ることがないよう前もって予定を組んでおくようにしましょう。

エアコン取り付け工事中は何をしていればよい?

業者さんが工事をしている様子をジーっとみている必要はありません。

ただし「工事前の打合せ・確認」と「工事完了後の動作確認」の際は面と向かって立会いが必要です。 基本的には近所のコンビニまでいく程度であれば外出しても問題ありません。

しかし長時間自宅から離れるのは避けた方がよいです。不在の間に

  • 誤って工具を落として床にキズをつけてしまった
  • エアコン搬入中に壁紙を剥いでしまった
  • 財布をリビングに置いて外出していたら無くなってしまった

めったにあることではありませんが責任の所在がわからないため、最悪の場合泣き寝入りしなければならない可能性もあります。

本当に一握りの悪質業者の場合ですが、こういったトラブルを未然に防ぐため工事中も自宅にいた方が無難です。エアコン取り付け工事が長時間必要なことがわかっている場合は事前に飲み物や食べ物を用意しておくか、外出できるように2〜3人で立ち会うようにしましょう。

ヒント
  • 午前中もしくは朝一番の枠を予約して一日を有効に活用
  • 「事前の訪問お見積もり」で工事当日の工事費用・所要時間などが明確に
  • トラブルを避けるため事前に飲み物や食べ物を用意しておくか、2~3人で立ち会う

マンションと戸建による所要時間の違い

マンションと戸建による所要時間の違い

基本的にマンションと戸建でエアコン取り付け工事の所要時間に大きな差はありません。

違いがでてくるのは両者ともに追加工事の量によるところが大きいです。

マンションも戸建も追加工事で時間がかかる場合が多い

戸建では「立ち下ろし・立ち上げ」という追加工事のバリエーションがあります。たとえば2階に室内機〜1階の庭に室外機設置(立ち下ろし)といった別のフロアに室内機と室外機を設置する追加工事です。

エアコン室外機立ち下ろし説明

マンションでは室外機の設置場所が限られます。基本的に室内機と室外機は同一フロアに設置しますのでこちらの追加工事は発生しにくいです。

対してマンションでは構造上の理由

  • 外に面していない部屋
  • 室外機の置き場所が限定される場合

こういった場合、どうしても「隠ぺい配管」の追加工事が発生します。

隠蔽配管の見分け方

エアコン取り付けの際は近隣への配慮も大切

エアコン取り付けの際は近隣への配慮も大切

マンションでも戸建でも、ご近所への配慮が大切です。

早めに工事日が決まっていれば、あらかじめご近所の皆さまへ「~日にエアコンの工事がはいります。騒音でご迷惑をおかけします。」とお伝えしておけば未然にトラブルを防ぐことが可能です。またマンションでは管理規約で工事が可能な時間がきまっている場合もありますので注意が必要です。

ヒント
  • マンション・戸建で工事時間に大きな差はない。どちらも追加工事の量で所要時間が決まる
  • エアコン取り付け工事ではそれなりの騒音が発生するためご近所への配慮を

エアコン取り付け工事は部屋が汚いと時間がかかる?

エアコンの取り付け工事に業者の人が訪問するときは、必要最低限でいいので部屋の片付けをしておくようにしましょう。
部屋が散らかり、足の踏み場もないようでは、物を移動させるために時間がかかってしまいます。

室内機を設置するために必要な作業スペースは、およそ一畳程あれば大丈夫です。
設置場所の真下に家具や家電を置いている場合は、それらの家具を別の場所によける時間が必要になり、さらに所要時間が増えてしまいますよ。

エアコンを初めて取り付ける時は、配管を通すために壁穴を空けることがあり、木片やホコリが落ちることも考えられます。
古いエアコンからの交換の場合は、エアコンを取り外した際に配管に残った水滴が床に落ちることもあるので、汚れてほしくない家具や家電は、あらかじめ別の場所に移動させておくと安心です。

また、室外機はベランダや家の外に取り付けますが、家庭菜園に使うプランターや自転車などが置いてあると、工事当日に移動させるためのタイムロスが発生します。

初めてエアコンを取り付ける場合は、どこに取り付けられるのか分からず、片付け場所に悩むかもしれません。
そんなときは、工事前に家の間取りや設置場所をもとに工事業者へ相談し、片付けておくべき場所を確認しておきましょう。

スピーディーで信頼できるエアコン取り付け業者をさがす5つのポイント

point

ここまでエアコン取り付けに必要とする時間の長さや、おすすめの予約時間帯などについてみてきました。では工事業者を探すにはなにを基準にすれば良いでしょうか?技術力の高い業者は当然スピードも早いです。でも業者の信頼度を確かめるには?

ここからは信頼できる業者を選ぶポイントをお伝えします。

工事担当の顔がみえる会社

kouji houmon

業者によってはホームページに社員の顔や名前を出しています。自社社員が責任をもって施工している証拠ですので安心して依頼することができます。

またこういった業者は保険に加入している場合が多く、工事中の事故(家にキズをつけてしまったなど)の際にも安心です。

ポイント

工事スタッフの顔写真がホームページに掲載されている業者

エアコン工事TOPページへ

電気工事士の資格をもっているか

エアコン取り付け業者のホームページを確認してみましょう。
電気工事士の資格を取得している旨が記載されていなければ、その業者は避けた方が良いかもしれません。

エアコン工事では国家資格の必要な作業が必要になる場合があるからです。

実際には資格がなくても、エアコン本体の取り付け自体は可能です。
しかし工事に不備があると本体が落下してケガをしたり、部屋がぜんぜん冷えないなど、せっかくの高価な最新型エアコンも台無しになります。

またコンセントの電圧切替や移設などの際には第二種電気工事士の資格が必須です。

家電屋さんでエアコンをみているとエアコンの説明に200V(ボルト)とか100Vの記載がありますね。ご自宅のエアコン用コンセントが購入したエアコンのボルトに対応していない場合、こちらの工事が必要になります。電気工事士であればこういった追加工事にもスピーディーに対応できます。

ポイント

電気工事の資格をもっている会社は工事の質や信頼度が高く、スピーディーに対応可能

隠蔽配管や高気密住宅など難易度の高い工事に対応できるか

隠蔽配管

隠蔽配管の見分け方

家電量販店などで断られるエアコン取り付け工事に「隠蔽(いんぺい)配管」があります。

隠蔽配管とは、建築時に室内機と室外機をつなぐ配管を壁、床、天井の中を通しておいて、建物完成後、その配管につなぐエアコン工事の事です。

一般的な室内と室外を一直線に穴をあけて配管をつなぐ通常(露出)配管と違って、漏水やガス漏れなどのリスクが高く、高度な技術力が必要となります。

高断熱高気密住宅


高気密住宅でのエアコン工事では、気密性を保つための処理知識をもっていることが必須となります。

一般的なエアコン取り付けの知識しかない業者が施工すると、エアコン配管穴で気密が損なわれ、せっかくの高性能住宅がムダになります。
業者が高気密住宅用エアコン工事に対応可能か、必ず確認しましょう。対応した業者だとウレタンフォームにて気密の確保を提案してくるはずです。

実際に隠蔽配管などが必要ない場合でも、難易度の高い工事に対応できる業者を選ぶ方がおすすめです。ホームページに「隠蔽配管」や「高気密断熱に対応」などの記載がある業者は技術力の高さに自信を持っている証拠で、信頼できる業者といえます。

point

「隠蔽配管」や「高気密断熱」「高気密住宅」の記載がある業者は技術力が高い

アフターサービスの有無や、その内容は

エアコンの保証には大きく、エアコン本体を保証する「メーカー保証」と「延長保証」、エアコン取り付け工事自体の不備を保証する「工事保証」があります。

メーカー保証

エアコン本体にはメーカーが設定している保証期間があります。
エアコンの取扱説明書に記載してある正常な使用状態で購入したエアコンに生じた不具合を無償で修理するものです。

延長保証

メーカー保証が終了した後も、メーカー保証と同程度の保証を継続します。
10年間の長期保証も存在します。

工事保証

エアコン本体ではなくエアコン取り付け工事にミスや不備があった場合に無料で修理をおこなう保証です。

「工事保証」については保証を謳っていない業者も多いです。
現実的には、明らかな施工不備ですと業者が無償で修理する場合がほとんどだからです。

しかし施工不備は設置から長い時間が経過してから表面化することも少なくありません。

例えば

新築時に子供部屋にもエアコンを取り付けして一年間未使用だった。
スイッチをいれたらエアコンから水が垂れてきた。

エアコン室内機の取り付けが甘く、一年以上経過したある日、エアコンが落下してきた。

こういった工事不備でも修理費用を負担しなければならない場合があります。

工事保証の有無はエアコン取り付け業者の技術力や信頼度をはかる、ひとつの指針になります。

ポイント

工事保証をしている業者は信頼度が高い

戸建の場合アンテナ工事など別の設備工事も同時にできるか

家にアンテナとエアコンをいっしょに設置

ご新築の戸建は多くの場合まっさらな「ハコ」です。

つまりこのままだともちろん、

  • エアコンは付いていません
  • テレビも見れません
  • カーテンを取り付けるレールもありませんし
  • 虫の侵入を防ぐ網戸や防犯のためのシャッターも欲しいなどなど…

新生活を始めるにはたくさんの設備が必要になるのです。

それぞれの設備に別々の業者を呼ぶのは想像以上にたいへんです。

エアコン取り付けは電気設備ですので、

例えばエアコンと一緒にアンテナや照明器具、LAN配線などの工事がワンストップで依頼できる電気工事会社なら負担がぐっと軽減できます。

ポイント

設備工事はお立ち会いが必須。まとめて依頼できる業者で時間を有効に使いましょう

たとえばライフテックスならエアコンはもちろんアンテナ工事やLAN配線工事・光回線販売などをおこなっており、住まいの電気設備がワンストップで購入でき、貴重な時間を有効に使うことが可能です。

アンテナ工事TOPページへ

またエアコンの「本体+標準工事費+同日送料コミコミパック」というパックがあり、税込み65,780円〜という安さでエアコン購入から標準工事まで全て完結します。

また、エアコン自体も以下のように大手メーカーのものなので、安心して購入できます。

  • シャープ DMシリーズ 59,800円(税込65,780円)~
  • 東芝 T/Vシリーズ 59,800円(税込65,780円)~
  • 日立 AJシリーズ 60,300円(税込66,330円)~
  • 三菱 GVシリーズ 59,800円(税込65,780円)~

さらに、ライフテックスは建設許可を持つ電気工事店であり、建築やリフォーム時に隠ぺい配管を設置する業者でもあるため、隠ぺい配管工事の件数が多くスムーズな施工が可能です。

エアコン0円キャンペーンバナー

エアコン販売バナー

お問い合わせボタン 電話 お問い合わせボタン メール
お問い合わせボタン 電話 mobile
お問い合わせボタン メール mobile

まとめ

この記事ではエアコン取り付け工事で必要となる所要時間やおすすめの工事予約時間帯について解説してきました。

  • エアコン取り付けの所要時間は追加工事の数で割り出せる
  • 午前中もしくは朝一番の枠を予約して一日を有効に活用
  • 「事前の訪問お見積もり」で工事当日の工事費用・所要時間などを明確に
  • トラブルを避けるため事前に飲み物や食べ物を用意しておくか、2~3人で立ち会う
  • 技術力の高い業者はスピードも早い
  • 業者の信頼度はホームページで確認できる

エアコン工事にはそれなりの時間が必要で、工事予約の時間帯によっては1日中自宅にいなければなりません。

とくにエアコン工事をおこなうタイミングが、引っ越しと同時期の場合は人生の中でもかなり忙しい期間となります。

信頼できる業者に依頼して限られた時間を有効に使ってください。

エアコン工事TOPページへ

aircon bnr2 2

オプション工事料金表はこちら

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県の方はお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル0120-985-449【受付時間9:00~19:30】 ホームページからのお問い合わせお見積りはこちら

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県の方はお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル0120-985-449

ホームページからのお問い合わせはコチラ