Menu

東京と愛知のテレビアンテナ工事における違い

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

東京と愛知のテレビアンテナ工事における違い

001.png
テレビアンテナ取り付け工事を専門に承っているライフテックスです。弊社は東北から近畿地方まで広い範囲で施工を行なっており、中でも東京と愛知で多くのご依頼を承っています。 日本国内なら施工事情はどこでも同じだと思われる方が多いようです。しかし実は地域によって多少の違いはあります。 今回はテレビアンテナこうじを行う上で東京と愛知における違いについて紹介していきたいと思います。

建物の違い

愛知県は東京よりも建物にお金をかける傾向があります。特に郊外では外装などにこだわった豪邸が多いです。しかし名古屋は地価が高いため豪邸は多くありません。また今までの施工経験上、愛知県には新築の物件が多いように見受けられます。県内で中古物件の施工依頼も引き受けたことがありますが、あまり多くはありませんでした。

施工方法の違い


&東京におけるアンテナの設置では、東京スカイツリーの電波がとても強いため基本的にスカイツリーに向けてアンテナを取り付けます。そうすればほとんどの場合電波を受信することができます。しかしこれはとても例外的なことで、他県の主要な電波塔はそこまで強い電波を発信できません。愛知県ではまず最初に県内最大の電波塔である瀬戸デジタルタワーにアンテナを向けてチェックし、電波を受信できなければアンテナを近くの中継局に向けます。依頼先の建物がデジタルタワーの電波を受信できるかどうかは事前に下調べをして予想を立てますが、最終チェックは現地で行ないます。愛知県には中継局が20〜30ほどあるのでどこからも電波を受信できずに困ることはまずありません。

愛知県では新築を建てた依頼主様から、新築に映えるからという理由でデザインアンテナの設置を承ることがしばしばあります。 施工内容については地域による違いはありません。

 

料金設定の違い

東京だけでなく関東全体では値段叩きが頻発しているため施工にかかる基本料金は他県より比較的安いです。一方愛知県における基本料金は近くの県より比較的高いです。愛知県では料金が高いからといって特別良質なサービスを受けられるわけではありませんが、サービスの質が他の地域に比べ劣るわけではありません。また愛知県ではハウスメーカーがエアコンやアンテナなどの生活に必要な設備の設置を住宅の建設と一括して請け負うのが一般的です。



愛知県における弊社の実績

前述したように、地域によって電波の受信環境などの多少の違いはありますがそれによって作業の工程や使用する技術が大きく変わることはまずありません。強いて例をあげるならば、経年劣化したブースターの修理や、他社による防水施工ミスのためケーブルから水が侵入しテレビが映らなくなってしまったお宅のメンテナンスを行ないました。また愛知県一宮市にお住まいの方から、岐阜県のテレビ局の番組が見たいとのご要望があったので、そのテレビ局の電波を受信するようにアンテナを調節しました。

 

このようにアンテナの調整により他県のローカルテレビをご視聴いただくことが可能になることもあります。ライフテックスはテレビの受信トラブルからローカル局の電波受信まで様々な要望に丁寧に対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

toppagelink.png