Menu

BSアンテナの屋根裏設置は物理的に不可能です。でも、目立たない設置方法あります!

ライフテックス

フリーダイヤル0120-985-449メールでのお問い合わせ

BSアンテナの屋根裏設置は物理的に不可能です。でも、目立たない設置方法あります!

お客様の快適な生活に貢献できる工事のご提案をしています。

テレビアンテナ工事、エアコン工事、インターネット回線契約を手がけているライフテックスです。

関東、関西、東海地方に事業所を展開中です。

 

テレビアンテナを取り付けることは、戸建て住宅の外観にとってマイナスなのは、工事をご提案する私たちとしても否めません。

でも、お客様にケーブルテレビよりもお得な地上波デジタルを提案したいから、デザインアンテナや屋根裏設置など、極力目立たない方法を検討しています。

 

特に、屋根裏設置は、配線は見えてしまうものの、完璧に隠してしまえるので、電波が強いエリアの方からは支持のある設置方法です。

最近では、BS放送のコンテンツ充実にともなって、BSアンテナの屋根裏設置を相談されることも増えてきました。

しかし、結論から言えば、BSアンテナの屋根裏設置は出来ません。

 

ライフテックスでは代案として、「生活動線」から離れたBSアンテナ設置をご提案しています。

今回は、BSアンテナが屋根裏設置できない理由の説明から、その代案まで解説します。

 

BS放送の電波は遮蔽物を通過できない

AdobeStock_200747488.jpeg

 

BS放送の電波は、物体で遮られてしまうと、アンテナまで到達できません。

実は、同じ電波といっても、地上波デジタルの電波と、BS放送の電波は異なっているのです。

 

そのため、屋根裏に設置してしまうと、住宅の壁や屋根が遮蔽物となって、電波を受信できなくなってしまうのです。

私たちも、BSアンテナを屋根裏設置したいというご要望に、なんとかお応えしたいと苦心していますが、なんともしようがないというのが今の現状です。

 

しかし、テレビアンテナを完璧に隠す必要は、実はそれほど無いと考えています。

住宅の外観の問題は、住人のためでもありますが、それよりも、他所様からの印象を考慮したときに「気になる」という方が多いはず。

だから、BSアンテナを屋根裏設置したい、とご希望の方には、代案として「生活動線」から遠ざけた設置をご提案しています。

 

BSアンテナの屋根裏設置の代案→人目につかない方角に設置する

 

AdobeStock_179800890.jpeg

 

BS放送の電波を発信する衛生は、地球の自転に合わせて地球を周回しています。

なので、位置は一定しており、BSアンテナは必ず南西に向けて設置する必要があるのです。

そのため、南側に設置するケースが多いようです。

 

ライフテックスでは、「目立たせたくない」というお客様のニーズに応えるため、常識にとらわれません。

もし、ご近所の生活動線になっているような通りに、住宅の南側が面しているなら、北側に設置する方法もご提案しています。

「大丈夫?」とご心配される方もいます。

ご安心ください。アンテナの高さを普段よりも高めにとることで、電波はしっかりと受信できます。

一見目立つように思えますが、実際に、人通りのある通りから見てみると、目立たないことにご納得いただいています。

 

ベランダ設置という方法はどうなのか?そのメリット・デメリット

ライフテックスの考え方とは異なりますが、BSアンテナのベランダ設置を積極的に提案する会社もあります。

私たちもベランダ設置を否定はしません。ご希望であれば、ベランダ設置もいたします。

ただ、BSアンテナのベランダ設置にはメリット・デメリットがあることを、きちんとご納得いただいてから設置するようにしています。

 

ベランダ設置のメリット:穴を空けなくてもいい

賃貸物件の方、あるいは非常に住宅を大事にする意識の高い方は、建物に穴を空けることに懸念をもたれるようです。

BSアンテナを設置する際には、ネジで固定するための穴を空ける必要があるのです。

確かに、ベランダ設置ならば、手すりに固定するので、穴を空ける必要がありません。

 

ベランダ設置のデメリット:破損、邪魔、受信環境の悪化

 

穴を空ける必要がないのは、確かに、お客様によっては最重要のメリットです。

しかし、あまりにもデメリットが多いので、ライフテックスは積極的にはベランダ設置をご提案していません。

 

まず一つ目が、ベランダの手すりが破損する可能性があること。

BSアンテナを固定するベランダの手すりは、アンテナが固定されることを想定して作られているものではありません。

そのため、台風でアンテナが強風を受けると、手すりが変形してしまうことがあります。

 

二つ目が、洗濯物を干すうえで邪魔になること。

手すりは、布団を干すときなどに、活用する場所のはず。

BSアンテナがあると、そのような動きはできなくなってしまいます。

ご夫婦の場合には、よく相談してベランダ設置を決めるのが得策です。

 

三つ目が、ベランダ設置だと、受信環境が悪化する場合があるということです。

たとえば、次の写真を見てください。この場合では、木が邪魔になって満足に受信できない状況でした。

 

GetImageAttachment.png

 

ライフテックスにご相談いただいたので、通りには面していない方角にBSアンテナを移設させていただきました。

 

GetImageAttachment.jpg

 

 

受信環境も根本的に改善し、目立たない設置方法には、お客様にもご納得いただけたようです。

 

BSアンテナの屋根裏設置を求めるお客様のニーズに応えるには?

ライフテックスでは、お客様のニーズを満たすために、技術的な事情もご説明したうえで、ベストな提案をしています。

屋根裏設置の代案があるように、お客様の要望をそのまま実行するだけでは、お客様のためにはならないと思っています。

 

BSアンテナの屋根裏設置を求める理由があるなら、その理由にあたる「美観」を兼ね備えた他の方法を、プロゆえの技術知識をもとに考えぬくべきです。

テレビアンテナについて、ご不満・ご要望がある場合には、ライフテックスにご相談ください。

 

テレビアンテナ工事・電気工事のプロとして、お客様の生活を快適にするご提案をいたします。